マーケットの状況

現在運航中の25,000機以上の航空機のうち、
8,000機以上がオペレーティング・リースで調達されています。

航空機による旅客や貨物の輸送量の増加に伴い、航空機の数はこれまで着実に伸び続けてきました。輸送量は今後もさらに伸びることが予想され、さらに古くなり退役する航空機の数を考えると、これからも一定の航空機需要が見込まれます。新しい航空機は現在、主にボーイング社及びエアバス社の2大メーカーによって供給されていますが、約2,000社の世界の航空会社のニーズは航空機メーカーの新造機の供給だけではまかないきれないほど多様化しています。短期間の利用を希望する航空会社、より安価な調達を要求する航空会社、新路線の拡大を計画する航空会社、新規参入の航空会社等幅広いニーズがあり、そのために航空機をオペレーティング・リースで調達するケースが増えています。

■世界の航空機のオペレーティング・リースによる調達比率

Airclaims CASE Manager のデータを基にグラフを作成

■航空旅客輸送量の推移と予測

The Airline Monitor 2016年6月号及びESG Aviation Services提供のデータを基にグラフ作成

■航空機数の推移と予測

The Airline Monitor 2016年6月号及びESG Aviation Services提供のデータを基にグラフ作成

このページの最初へ