航空機オペレーティング・リース

航空機オペレーティング・リースは、
高い投資効率が期待できる国際的な事業投資です。

航空機オペレーティング・リースの仕組み

航空機オペレーティング・リースは、投資家が航空会社やリース会社から航空機を購入し、航空会社にリースを行い、最終的には航空機を売却するという、資産のリースと売却を組み合わせた投資案件です。
この投資によるメリットのひとつは、取引の多くが比較的短い時間のリースであり、リース期間中は、高い水準のリース料を、そして航空機の売却に際しては、市場動向次第で売却益を期待できることです。
また、航空機は長期間にわたって利用が可能であり、リースを継続することによって長期投資を行うことも出来ます。一方、売却価格が市場動向によって予想を下回るリスク、為替リスク、航空会社の信用リスク等を考慮しておく必要があります。

航空機オペレーティング・リースの概要

このページの最初へ